相続税の事前準備について

相続対策を考える上で考える点としては大きくわけて2つあります。財産をどのように分けるのかということと相続税の納付をどのように節約しまた工面するかということです。この財産をどのように分けるかという点については相続が発生する前までに終わらせておくことが望ましいです。なぜなら相続が発生してからは相続人同士の争いが発生する可能性が高まるからです。その理由としては被相続人が存在することで争いをおさめることができる可能性があるからです。

相続の手続きと専門家

では財産の分け方が決まったのちに実際に相続が発生した場合には、どのような手続きを行っていくのかという点があります。この手続きは多岐にわたります。まず不動産が相続財産として存在している場合には登記手続きを行う必要があります。また預金などの名義を変更する必要があります。これらの名義変更は遺産分割協議書がなければ変更することができないものです。また相続税申告が必要な場合には申告書の提出及び納付が必要となります。

相続手続きを軽減する方法

相続が発生した場合に行うべき手続きをすべて自分でやるのは非常に困難です。この場合に相続手続きを軽減する方法があります。それは専門家に依頼するという方法です。具体的には名義変更の手続きであれば司法書士に依頼することで手間や時間を省くことができます。また相続の申告を税理士に依頼することでも同様の効果を得ることができます。相続を考える際には相続税の準備からこれらの手続きまでを速やかに行う必要があります。

相続の申告を税理士に頼む場合に不安がある場合は、コンサルタントにサポートをしてもらうことで、初めてでも安心して依頼することができます。