相続税相談と相続税の納付

相続税の内容と納付方法

相続税の計算は非常に複雑になっています。そもそも日本の相続税法は遺産課税方式と呼ばれる方法と遺産取得課税方式と呼ばれる方法をミックスさせた制度になっています。つまり全体として遺産がいくらあるのかをまず評価しそれを法定相続分でいったん相続したと仮定して相続税の総額を計算します。そこから相続人が実際取得した相続分に応じて相続税を配分するという方法になっています。また納付及び申告書の提出は相続人が亡くなった日から10か月とされています。

金銭での納付と注意点

相続税の納付にあたって注意する点があります。それは不動産が主として相続財産である場合です。相続税相談でも多いのですが不動産が主な相続財産の場合には各相続人で按分することも後々のことを考えると非常に難しくなります。それだけでなく相続税支払い方法にも注意が必要となります。つまり取得した相続財産が不動産だけの場合には金銭の相続がないため、生じる相続税を相続人が自ら用意しておく必要があります。この点に注意が必要です。

相続税特有の納付方法

万が一相続税の支払いを金銭で納付することが困難な場合には、相続税法特有の納付方法が設けられています。その方法は物納と呼ばれる方法です。物納とは、金銭による納付に代えて相続財産による納付を行うというものです。対象となる資産はどの資産でも適用できるという訳ではなく、税務署長の許可があってはじめて納付をすることができます。また複数の資産がある場合には物納に充てることができる資産の順位も定められています。

相続税相談については、税務の専門家である税理士に相談するのがよいでしょう。ただし、相続税に関する業務経験が乏しい事務所もあるので、相続税に詳しい税理士に相談することが大事です。

相続税などの対策について

相続税の対策をどうするか

近年の税制改正で相続税の対象範囲が拡大されたことに伴い、富裕層以外の一般層にも相続税の対策を行う必要が出てきました。相続税についてどのような対策を行うことができるのか、相続税が発生するのはどのようなケースなのか、など一般の人にはわかりにく部分が多い点も事実です。相続税の税理士は相続税についての知識や関係法令などにも詳しく、どのように対策をすればスムーズに相続を行うことができるのかというノウハウを数多く持っています。これまでも富裕層を中心に多くの相談を受けてきた経験もあるため安心して相談することができます。

円滑な相続を行うために

相続税の税理士はこれまで多くの相続相談や実際の納税業務を行ってきた実績があるため様々なケースに柔軟に対応することができます。また事前に様々な方法で資産管理を行うことで相続税の納税額を最小限に抑える対策も行っています。適切な相続を行うことで税務当局とのトラブルなども未然に防ぐことができ、スムーズで円滑な資産の相続をサポートしてます。親族間でのトラブルや訴訟についても対応することができ弁護士なども緊密に連携を取れる体制を構築しています。

一般の税理士と相続税の税理士の違い

一般の税理士は主に税の申告業務や会社や事業所の会計などについての知識が豊富でそれらのサポートを業務の中心に据えています。対して、相続税の税理士は資産の相続について幅広い知識をもち、多くの相続案件を手掛けてきているという違いがあります。相続税については関係する法律や税制も一般のものとは異なるため専門的な知識が必要になります。また法改正や税制の変更などについても常に最新の情報をフォローしておく必要があります。相続税関連の案件の場合、相続税の税理士に依頼することが一般的になっています。

相続税の税理士は、どこを利用したら良いのか分からないという方も多くいます。コンサルティングを通じて税理士を紹介してもらうことで安心して任せることができます。

通信制大学院で主体的に学習を進める方法

キャリアアップに役立つ通信制大学院

通信制大学院への進学を考えている人の多くが、キャリアアップを目指している中学校や高校の教員です。特に教育について深く学んだり、歴史や経済のような人文社会科学系の知識を充実させたいと考える人が中心です。働きながら修士号や博士号の学位が取得できるメリットも大きいですが、仕事との両立を考えて計画的に学習を進める姿勢が大切です。そのためには事前に学習計画表を作成したうえで、スケジュールに従って単位取得と論文の執筆を進めるべきです。

学位取得に必要な様々な条件とは

修士号の取得のために通信制大学院に進学する人が多いですが、学位を手に入れるためには所定の単位を取得する必要があります。特に修士論文の執筆に時間をかけることも重要ですが、関連する科目を履修して単位を取得することも大切です。一般的な科目の場合には、指定されたテキストに従って学習を進めて、最後に学科試験を受けるのがポイントです。また試験を受ける前には、所定のレポートを提出したうえで、受験資格を得るのが必須条件です。

修士論文の執筆の準備とそのプロセス

通信制大学院の修士課程を修了するときに、最も力を注ぐ必要があるのが修士論文の作成です。大学の卒業論文の2倍から3倍程度の文章量であり、下準備を十分に行ったうえで、時間をかけて執筆するのが理想的です。専門的な内容を記述する必要があるので、活用する参考文献の量も膨大です。また研究分野によっては、フィールドワークなどのリサーチも必要です。そこで論文の書き方だけではなくて、社会調査の方法論についても必要に応じて学ぶべきです。

通信制大学院なら地理的・時間的に通学が困難な社会人でも大学院レベルの教育を受ける事ができます。働きながら修士号や博士号の取得も可能です。