キャリアアップに役立つ通信制大学院

通信制大学院への進学を考えている人の多くが、キャリアアップを目指している中学校や高校の教員です。特に教育について深く学んだり、歴史や経済のような人文社会科学系の知識を充実させたいと考える人が中心です。働きながら修士号や博士号の学位が取得できるメリットも大きいですが、仕事との両立を考えて計画的に学習を進める姿勢が大切です。そのためには事前に学習計画表を作成したうえで、スケジュールに従って単位取得と論文の執筆を進めるべきです。

学位取得に必要な様々な条件とは

修士号の取得のために通信制大学院に進学する人が多いですが、学位を手に入れるためには所定の単位を取得する必要があります。特に修士論文の執筆に時間をかけることも重要ですが、関連する科目を履修して単位を取得することも大切です。一般的な科目の場合には、指定されたテキストに従って学習を進めて、最後に学科試験を受けるのがポイントです。また試験を受ける前には、所定のレポートを提出したうえで、受験資格を得るのが必須条件です。

修士論文の執筆の準備とそのプロセス

通信制大学院の修士課程を修了するときに、最も力を注ぐ必要があるのが修士論文の作成です。大学の卒業論文の2倍から3倍程度の文章量であり、下準備を十分に行ったうえで、時間をかけて執筆するのが理想的です。専門的な内容を記述する必要があるので、活用する参考文献の量も膨大です。また研究分野によっては、フィールドワークなどのリサーチも必要です。そこで論文の書き方だけではなくて、社会調査の方法論についても必要に応じて学ぶべきです。

通信制大学院なら地理的・時間的に通学が困難な社会人でも大学院レベルの教育を受ける事ができます。働きながら修士号や博士号の取得も可能です。