相続税の内容と納付方法

相続税の計算は非常に複雑になっています。そもそも日本の相続税法は遺産課税方式と呼ばれる方法と遺産取得課税方式と呼ばれる方法をミックスさせた制度になっています。つまり全体として遺産がいくらあるのかをまず評価しそれを法定相続分でいったん相続したと仮定して相続税の総額を計算します。そこから相続人が実際取得した相続分に応じて相続税を配分するという方法になっています。また納付及び申告書の提出は相続人が亡くなった日から10か月とされています。

金銭での納付と注意点

相続税の納付にあたって注意する点があります。それは不動産が主として相続財産である場合です。相続税相談でも多いのですが不動産が主な相続財産の場合には各相続人で按分することも後々のことを考えると非常に難しくなります。それだけでなく相続税支払い方法にも注意が必要となります。つまり取得した相続財産が不動産だけの場合には金銭の相続がないため、生じる相続税を相続人が自ら用意しておく必要があります。この点に注意が必要です。

相続税特有の納付方法

万が一相続税の支払いを金銭で納付することが困難な場合には、相続税法特有の納付方法が設けられています。その方法は物納と呼ばれる方法です。物納とは、金銭による納付に代えて相続財産による納付を行うというものです。対象となる資産はどの資産でも適用できるという訳ではなく、税務署長の許可があってはじめて納付をすることができます。また複数の資産がある場合には物納に充てることができる資産の順位も定められています。

相続税相談については、税務の専門家である税理士に相談するのがよいでしょう。ただし、相続税に関する業務経験が乏しい事務所もあるので、相続税に詳しい税理士に相談することが大事です。