通信制高校とは何なのか

 通信制高校とは、一言で言えば学校教育法で定められた高等学校の一つとなります。これは扱い的には全日制、定時制の高校と同じものとなります。

 通信制高校はフリースクールとよく混同されますが、法的な扱いは全く異なります。これはフリースクールがあくまで学校のサポート、言うなれば塾のような扱いを受けているのに対し、こちらは卒業すれば高卒としての扱いを受けられるようになるからです。

 フリースクールやそれに類した学校を卒業しても高卒の資格は手に入らないので、これは大きなアドバンテージだと言えます。

それを利用している人の傾向について

 通信制高校を利用している人の少なからずが、登校拒否を経験したことがあるとされています。

 これはそのほかの構成員が、中退経験者、経済的事情で仕事と学業を両立させねばならなくなった人、全日制や定時制の高校に何らかの理由で通うことができない人となります。

 修業年数は最低3年だとされており、長丁場になる傾向にありますが、自分のペースで勉強を続けられるため、途中で投げ出してしまう人はあまりいないとされています。

そのシステムについて

 通信制高校は自主学習がそのスタイルとなります。これは学校に通って、教室で教師の授業を受けるという訳にはいかないためです。

 以前はレポートの提出などは、郵送により行われていましたが、インターネット環境の整備が進んだ現在では、それを介して必要な情報のやりとりが行われています。

 なお、通信制だからと言って、教師と生徒が全く顔を合わせないのかと言えばそうでもなく、一ヶ月に二度か三度は面接形式で対面するのが、近年の主流となっています。

通信制高校の魅力としては費用が安いことがあります。公立の場合は特に安く、アルバイトをしながらでも通うことができます。